トランジスタ差動式低電圧HPA(試作2号器・薄型化)

トランジスタ差動式低電圧ヘッドフォンアンプの小型化である。
基板面積はそのままであるが、背の低いコンデンサと2層基板を使って薄型ケースに入れた。

【外観】
I_HPA_h_6
高さは従来の28mmから21mmになった。単三電池(写真)が入らず、単四電池使用となった。
単三電池では容量が約2000mAあるので100時間程度の電池寿命(計算値)だったが、
単四電池になると約半分弱となる。
が、このHPAはエネループの放電後電圧1.2V×2=2.4Vでも十分に作動するので経済的に使えると思う。

I_HPA_h_5
長さはまだ長い。
次のステップで112mmから91mmにダウンする計画だが・・・ 結構大変だ。

【内部】
I_HPA_h_3
基板上面が銅色に光っている。自作2層基板である。
1chでトランジスタが9個だけの「ディスクリートアンプ」である。
カップリングコンデンサには私の好きなUTSJを使用。高域が綺麗に聞こえる。

配線はLEDと電源だけ。
部品スペースが大分開いているので詰めるのは簡単そうに見えるが、これでもハンダ付け部は隣とギリギリだ。

I_HPA_h_4
裏(ハンダ)面のジャンパーが見えるが、これはスルーピン部の導通不良のためのイレギュラー処置。


まだ作りたてであるが、かなり良い音が出てます。
FET差動増幅式アンプと比較すると低音がよく出る。


早いところ周波数特性、歪み率をFET差動式と比較してみなくては・・・  機材用意待ちである。




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード