スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低電圧差動式HPA 3 ・頒布のページ

(このHPAは頒布を終了しております)

HPA V3がやっと完成し、頒布が可能になりました。
(2012/1/9 追記:継続頒布中です)

【外観】
I_HPA_V3_case  黒とアイボリーのケース色です
【概要】
HPA_V3_inCase2
・初段「差動増幅+定電流を+側、-側に配置」、終段「SEPP増幅」の回路構成は不変です。

・差動増幅と定電流にはペア特性に優れた(±5%以下)Dualトランジスタ、BC846DS(NPN)及びBCM856DS(PNP)を採用し、安定した回路動作と省スペース化を行いました。

・これに伴って定電流調整抵抗や差動増幅負荷抵抗をチップ化しました。

・大きく開けたスペースには念願だった単三電池2本をギリギリで入れました(電池ケースの下側が抜けています)。この電池容量アップとアイドル電流調整の見直しによって、電池寿命はV2の5倍、85時間に達しました(赤色LED使用)
HPA_V3_BatLife
アイドル電流は電池電圧2.8Vで20mA程度です。これは2kのチップ抵抗で変更ができます。
1.8k、1.5kで倍の40mAくらいまで調整できます(この程度が限度です)

【回路図】
HPA_V3_3_sch
・回路は基本的にこれまでのV2と略同等なのですが、変わっているところはオフセット調整のVR抵抗位置です。これまでの定電流回路部分のオフセット調整に変わり、入力部分に高抵抗のVRを挿入しオフセット調整を行う方法です。単電源を用いた増幅回路のバイアス電圧調整方法と同じと理解してください。

オフセット問題(というよりトランジスタhFE差)は今回のV3開発で最も苦労した部分です。
詳細は、このブログページこちらのブログページを参照願います。

・回路定数と各部の電圧、電流についてはHP等で掲載します。
 HPができました。こちらを参照願います(2011.8.4 追記 NEW)
 製作マニュアルはこれです。

【特性】
・周波数特性
HPA_V3_freq

・歪率、1kHzのTHD+Nを示す(100Hz、10kHzは発振器不調で未計測です)
HPA_V3_THDN3
常用域0.1~0.3Vrms近傍の最小値は0.019%であるが、拙作の歪率計測系に低周波域のノイズが混入しているため実力は0.01%以下にあるのではないか。

【音質】
自画自賛になってしまうのだが、V2との比較を交えて言えば

・これまでの非常にダイナミックで且つ分解能の高い繊細な音は不変です。

・全体として明るい音調になった。これはDualトランジスタによるものだろう。

・高音域がとても綺麗になりました。これが明るい音感の理由か。

・低音はドスンドスンとした迫力のようなものは薄れたようだが、むしろ綺麗に伸びる感じがします。曲目によって「おっと」思う時もあります。私はこれのほうが好きです。

【部品リスト】
部位用途型番等個数費用
Q1,Q5差動増幅BC846DS(Dual Tr)21,000円
Q2,Q6差動増幅BCM856DS(Dual Tr)2
Q3,Q7定電流BC846DS(Dual Tr)2
Q4,Q8定電流BCM856DS(Dual Tr)2
Q109,209終段増幅2SA1428-Y2300円
Q110,210終段増幅2SC3668-Y2
R109,111,110,112,
R209,211,210,212
差動負荷1.5k、チップ抵抗20128500円
R107,108,207,208定電流調整2k,チップ20124
R103,104,105,106,
R203,204,205,206
定電流保護10Ω,チップ20128
VR1,VR2オフセット調整200k,半固定,GF063P1B2042
R101,201入力保護220k,金皮1/4W2
R102,202入力抵抗1k,推奨REY 1/4W2
R115,215,116,216負帰還抵抗1.8k,推奨REY 1/4W4
R117,217,118,218終段保護1Ω、金皮 1/4W4
R119,219,120,220終段負荷10Ω,推奨REY 1/4W4
R121,221Zobelフィルタ10Ω,金皮 1/4W2
C1,C2デカップリング1000uF,4V,超低ESR,APSC4R0ELL102MJBSS2500円
C101,201入力カップリング10uF,6.3V以上,(UTSJ等)2200円
C102,202Zobelフィルタ0.1uF、フィルムコンデンサ250円
LED電源ランプφ3、青 または 赤150円
ST_JACK1,
ST_JACK2
入出力ジャックφ3.5ステレオ,AJ-1780(秋月)2100円
VOL 50KボリュームA50k,2連,RD925G1300円
ボリュームツマミLINKMAN、黒1300円
ケースタカチ,GHA7-2-9D* (*はブラックまたはアイボリー)1500円
電池ケース単三シングル型・BH-311-1A(秋月)2100円
基板専用基板、haiga HPA v311,500円
合計 5,400円

【頒布について】
・・・キット価格を検討中ですが、V2の6,500円から-500円の6,000円かな? 多分。
  ⇒いやいや、何と、5400円になりましたね。一部は原価に近いですが(笑)
・・・完成品は12,000円の同額とします(チップ部品は意外に製作時間がかかります)

部品台数の用意もありますので、ご希望の方は「管理者宛のコメント」をどうぞ。
メルアドをお忘れなく。
基板+表面実装部品(トランジスタとチップ抵抗)だけの頒布も行います(2,800円)




スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。