バランス型ヘッドホンアンプ(コネクタ改造)

バランス型ヘッドホンアンプの出力端子は、定置型はXLRのようだが、携帯型はヒロセの6Pコネクタが一般的になってきているようだ。

私のアンプを製作された方もそのように改造されている
【K.I様から送っていただいた写真】
HPA_Bal2_56

かなり多くの携帯型ヘッドホンアンプのバランス出力はこの形式のようだ。

ということで、オーダー品があったのでご了解の下で改造しました。
HPA_Bal2_49
何とかこの改造方法で収まるようだ。
電源スイッチを小型のもの(LINKMAN、2UD1-T1-A1-M6-R-E1など)に交換すればコネクタがK.Iさんと同じような位置に下がります。
使用したコネクタは、バランス型出力用:ヒロセ・HR10A-7R-6S(73)、アンバランス入力用:マル信
MJ-074N (コネクタに接続されているのは仮ピンです)

ヘッドホン側の改造は、
HPA_Bal2_54

ヒロセ・HR10A-7P-6P(73)ジャックを取り付ける。これって意外に高価です。

コネクタへの結線番号です
HPA_BAL2_Line

ヘッドホンをバランス型に改造してしまうと、従来のヘッドホンアンプに接続できなくなる不便さが発生するので、こんな変換ジャックを作りました。
HPA_Bal2_50  
手前に
ヒロセ・HR10A-7R-6S(73)コネクタを、向こう側にφ3.5ステレオジャックをつなげます。

HPA_Bal2_53
内部はこんなです。真ん中のパイプはスペシャル製作です。滑り止め加工されてます。
もっと短くできそうなのですが、金具や捻じ込んだ配線などであまり余裕ありません。
HPA_BAL2_con  
 
アンプにジャックを差し込んだ感じはこのようになります。
HPA_Bal2_52
相変わらず電源スイッチの操作性が悪いですが勘弁してくださいね。
大型の入力ジャックを使ってもボリュームに干渉しません。

アンプ単体の外観です
HPA_Bal2_51

これで大分すっきりしました。最初からこの設計にすれば良かったのに・・・

もうすぐに基板の第一ロットが終るのでパターンを修正するようですね。





テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード