スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHONO入力付きDCミニアンプの製作

金田式DCアンプ回路をベースにしたミニアンプに嵌っている。

この写真は先に作ったミニDCアンプ回路を基板化したものです。
DC_miniAMP_Tu17
2段目増幅とドライバー段はTO92タイプのトランジスタと、CANタイプのオールド品のどちらでも使えるようなパターンにしています。
中央部にはOPアンプによるオフセット電圧補正機能が付いたレールスプリッタを配置。

元々考えていた使い方は数のようなコンパクトケース収納を想定している。
DC_miniAMP_Tu16 (ただいま製作中)

しかし、このアンプを作る前に、レコード盤再生プレーヤーからの信号も増幅できるアンプセットを作ることになった。

【完成した外観】
DC_miniAMP_Tu1

DC_miniAMP_Tu2
右側が分離したレールスプリッタ電源とRIAAフィルタ(OPアンプで100倍に増幅)
左側がメインアンプ

【電源】
DC_miniAMP_Tu7
元電源供給は15VDC、1.2Aの秋月・ACアダプターを使用します。
この回路を通して±7.5Vに分圧します。
オフセット調整用OPアンプには廉価なLM358を使用、Trには2SC3421、2SA1358を流用(ぺるけ式ヘッドホンアンプの終段Tr)、ヒートシンクは多分不要でしょう。
コンデンサは4700uF/35V

【プリアンプ】
DC_miniAMP_Tu8
CR型RIAAフィルターをOPアンプ回路の間に挟んだ回路を採用。OPアンプは各々11倍増幅なので理論上は121倍(41dB)増幅しているので、POHNO出力が3mVあれば出力は0.36V程になるはずだ(少し低いかも・・・)
入力の太いコードは有名なモガミ2497

・・・・>やはりゲインが足りませんでした。レコード再生の音が小さいです。
最大21倍増幅のOPアンプを追加しました。
DC_miniAMP_Tu10

【メインアンプ】
DC_miniAMP_Tu3
2段目には2SA606を熱接合した状態で搭載、ドライバーは2SD78を使用。

【終段Tr】
DC_miniAMP_Tu5
2mmのアルミ板を立て、そこに終段トランジスタ2N3055を搭載してます。発熱もほとんど無いはずなのでケース内に入れています。
緑の丸いものは温度補償用200Ωのサーミスタをエポキシ樹脂で接着し、終段Trのアイドル電流制御を行っています。

【歪率】
DC_miniAMP_Tu11_thd
前回作った試作手製基板のものと比較して掲載しています(周波数1kHz)
最低歪率は金田式と同等の0.02%近くに、何と!試作より1桁少なくなってます。

2W近辺で歪がグッと増えるので、やはり最大出力は2Wで変わりません。

【周波数特性】
DC_miniAMP_Tu12_frq
これはいつものようにて、極低域から超高域までフラットな特性です。

【波形】
1kHzサイン波
AC_DC_AMP_13_s1k

1kHz矩形波
DC_miniAMP_Tu14

10kHz矩形波
DC_miniAMP_Tu15

いずれの波形も良好です。文句の付けようがありません。

【その他の特性】
・出力インピーダンス:約0.4Ω
・ダンピングファクター:約20


【音】
繊細で明るい音です。低域の締りもかなり良好です。
たった2Wの出力ですが、6畳間を圧倒する音感で再生ができます。
ボリューム上げた時の腰砕けや、ボヤッとするような音の混濁がありません。

私のレコードプレーヤーの再生音がイマイチなので、しっかりした入力になったら、レコードの音はどうなのだろうか・・・ 嫁入り先での奮闘を期待します。


【失敗備忘録】

・アイドル電流調整が安定しない。流れ始めると急激に大電流域に入る。ノーコン状態
  >>±の電源電圧が安定しないことによると判った
  >>OPアンプによる調整回路で47Ωが全て47kΩになっていた。(抵抗値見間違え!!)

・片チャンネルのマイナス側終段Trにアイドル電流が流れない。
 プラス側はOKなのに・・・ 
 良いチャンネルと各電圧を比較してみると、プラス側が+0.3V上側にシフトし、
 マイナス側はマイナス側に0.06Vシフト。何故なのか皆目原因不明だ!
     >> 2SA606を熱接合するコレクタ(外皮)の相互絶縁が3kまで下がってました。

*回路図は後日掲載します






スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。