スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K式ミニDCアンプの基板

だいぶ長い間、放っておいた基板がある。

【基板】 & 電源部

AMP_MINI_kiban_1

実はここで作っていた、k式ミニDCアンプを基板化したものである。

【回路】
AMP_MINI_kiban_3

緑の丸で囲んだトランジスタは、それと並列のトランジスタの代替部品である。
昨今のトランジスタと、かねてのTrであるCANタイプ品の、何れかが付けられる構造です。


何で長い間放って置かれたかは、以下の失敗によります(私流のオヨヨです)

1.小生PCのハードディスク故障で部品Valueデータが消えた

  →プロトタイプのBlog記事を基に、やっとこのアンプを作り直しました。

2.OPアンプでセンターバランスを補正できるレールスプリッターを装備していたのだが、
  これが動作不良

  → 原因は、かなり多くの部品挿入ホールが細く、傷による導通不良が発生していた。
    意外な盲点で、長い間気づきませんでした。

やっとのことで原因を掴めたのが、このアンプの製作(こちら)を通してでした。

m_amp_4
実は、この写真を良く見て頂くとわかりますが、OPアンプが付いていません。
やはりまただめか、と諦めて別基板で電源回路を組んでます(右上)。

この後でスルーホールの導通不良が判明しました。


このままお蔵入りしてしまうと可愛そうな基板なので、また作るチャンスもあるかと思い、備忘録としました。

この基板はちょっと面白く、上の写真に見えるようにドライバ段までは最近の汎用Trを用い、終段にはコネクタ経由でCANタイプのトランジスタ(2N3055)を使ってますが、2段目差動・ドライバ段もCANタイプが使えるようにしてあります。

2段目差動はPNPなのですが、k式ご用達の2SA606は若松で売ってます。
終段の2N3055はマルツで扱ってます。

【基板図】
Mini_Amp_brd

【部品表】

NO 部品番号 Package
       
1 C000 100p CAP_DIP_2
2 C001 3300uF CCAP_13
3 C002 3300uF CCAP_13
4 C101 1000p CAP_10X4
5 C201 1000p CAP_10X4
6 CN1   CON_HRS_DIP_2
7 D1 1N4007 DO34-7
8 D2 1N4007 DO34-7
9 FET1 2SK117 TO92
10 FET2 2SK117 TO92
11 FET3 2SJ103 TO92-
12 FET4 2SK117 TO92
13 FET5 2SK117 TO92
14 FET6 2SJ103 TO92-
15 IC1 LME49860 DIL08
16 JP1   1X05
17 JP3   1X05
18 Q101 2SA1015 TO92
19 Q102 2SA1015 TO92
20 Q103 2SC1815 TO92
21 Q104 2SC1815 TO92
22 Q201 2SA1015 TO92
23 Q202 2SA1015 TO92
24 Q203 2SC1815 TO92
25 Q204 2SC1815 TO92
26 R001 10k 0204/7
27 R002 10k 0204/7
28 R003 10k 0204/7
29 R004 10k 0204/7
30 R005 100 0204/7
31 R008 50 0204/7
32 R009 50 0204/7
33 R010 50 0204/7
34 R101 4.7k 0204/7
35 R102 220k 0204/7
36 R103 430 0204/7
37 R104 1.5k 0204/7
38 R105 1.5k 0204/7
39 R106 620 0204/7
40 R107 100 0204/7
41 R108 120 0204/7
42 R109 120 0204/7
43 R110 1k 0204/7
44 R111 1k 0204/7
45 R112 200 0204/7
46 R113 200 0204/7
47 R114 0.22 0617/17
48 R115 0.22 0617/17
49 R116 3.9k 0204/7
50 R117 330 0204/7
51 R201 4.7k 0204/7
52 R202 220k 0204/7
53 R203 430 0204/7
54 R204 1.5k 0204/7
55 R205 1.5k 0204/7
56 R206 620 0204/7
57 R207 100 0204/7
58 R208 120 0204/7
59 R209 120 0204/7
60 R210 1k 0204/7
61 R211 1k 0204/7
62 R212 200 0204/7
63 R213 200 0204/7
64 R214 0.22 0617/17
65 R215 0.22 0617/17
66 R216 3.9k 0204/7
67 R217 330 0204/7
68 S1 200D5 D-5
69 S2 200D5 D-5
70 T101 2SA606 TO39
71 T102 2SA606 TO39
72 T103 2SD78 TO5
73 T104 2SD78 TO5
74 T105 2N3055 8V  TO218V
75 T106 2N3055 8V  TO218V
76 T201 2SA606 TO39
77 T202 2SA606 TO39
78 T203 2SD78 TO5
79 T204 2SD78 TO5
80 T205 2N3055 8V  TO218V
81 T206 2N3055 8V  TO218V
82 TR1 2SC3421 TO220AV
83 TR2 2SA1358 TO220AV
84 VR1 100 POT_PLANE
85 VR2 100 POT_PLANE
86 VR3 5k POT_PLANE
87 VR4 5k POT_PLANE
88 VR5 100 POT_PLANE
89 VR6 100 POT_PLANE



















































































































(もしかして、このアンプを作りたい方がおられれば、基盤を実費で提供いたします)

備忘録なので、神経質なk式アンプの製作手順も追記したいと思ってます。






スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。