GPSロガーの製作

CMで作っていたGPSロガーをベースに小型で長時間動作のGPSロガーを作った。

GPSなんて色々と安いのが市販されているのに、と思うかもしれませんが、
自作した理由は、

1.記録時間が短い、市販品は10時間弱
2.車で使うときには外部アンテナが欲しい
3.(CMでは気圧高度計で走行データ解析機能が欲しい)・・・本器は搭載せず

【外観】
GPS_3.jpg
サイズはW97×D47×H30
左下が電源SW、右の赤いボタンは表示(緯度経度標高、日時、GPS認識状態)切替え

GPS_7.jpg
電池は単三により推定50時間以上のライフです

GPS_6.jpg
基板に部品を実装した表裏です。

左側がGM-316というアンテナ付きの小型GPSですが、外部アンテナが付けられます。
マイコンとはUARTで通信します。
表側にアンテナ面を出すのですが、厚さがあるので基盤を切り欠いて入れ込んでます。

右側がデータ記録するmicroSD(2MByte以下)、SPIドライブです。

表側中央がLCD
SB1602B)、I2S通信です。
マイコン(pic24FJ64GA004)はLCDの後ろに隠れてます。

裏側には電池ブラケットを付けてあります。
実は大失敗で記事にできなかったのですが、HPA v2で使えなかった余り品の登場です。

【回路図】
GPS_1.jpg
基本構成は、マイコン、GPS、LCD(ディスプレイ)、SDカード、電池、電源レギュレータICです。

【基板アート】
GPS_2.jpg
この基板は両面に部品が載るので、両面にシルク印刷してあります。
P板.comでは両面シルクしても費用は同じです。


製作で手間がかかるのがGPSへの配線です。
GPS_9.jpg
GPS_10.jpg
端子がすごく小さいので、細い銅ワイヤーをハンダ付けして配線してます。

銅ワイヤーのハンダ付けには、私の場合、実体顕微鏡が必須です(笑)

【データ処理】
GPS_8.jpg
Windows7でも動作する自作専用ソフトでmicroSDカード内に記録されたデータを処理します。
CMベースのソフトなので多くの機能が実装されています。長期間のデータ処理も可能です。

kmlファイルを作ればGoogleMapやGoogleEarthで経路表示ができます。

gpxファイルを作って、WDACHIというフリーソフトを使い、デジカメ画像とリンクもできます。

これはWDACHI画像をiframeでリンクさせ、このBlogで表示させています。
実体は私のサーバーにあります。

【haigaの散歩道】


風船部分をクリックするとリンクした画像が表示されます。

WADACHIの本格的な表示機能は、こちらをご覧ください。

参考:
GoogleMapを使うためには、「外部にオープンされたサーバーからGoogleMapAPIを使う」必要があります。
localhostやイントラサーバでは動作しません。
よってこれは私のサーバーに置かれたものです。この場所もお貸しします。


-------------------------------------------------------------------------

本器は10台ほど作りました。

余りもありますので欲しい方にはお分けします(ソフトも)






テーマ : 電子工作・電気関係工作
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード