スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB_DAC & HPA が付いたパワーアンプ

これまで何回かUSB_DACが付いたパワーアンプを作ってきたが、このアンプを作るきっかけになった会社の友人から、私のアンプの音が気に入って、是非USB_DACが付いたアンプが欲しい方がいるという話があった。

PCM2706_USB_DAC & HPAが完成した後だったので二つ返事で引き受けたのは、去ること4ヶ月前の10月頃だった。

いやいや、嵌りました、嵌りました。

USB_DAC & HPAには何ら問題もなく製作は順調だったのですが、金田式もどきmini_Ampがどうにもこうにも挙動不審です。

ついに3ヶ月を経過した先月には、金田式もどきmini_Ampを取り外しました。これがその写真です。
統合アンプ201501_4

手前左が、金田式もどきminiAmp基板、右が元々付いていたレールスプリッタ電源の代替で用意したDC_DCコンバータ電源で、DC12VからDC12Vが出ます。これを2個使って±12V電源にしてます。
向こう側に見えるCAN_Trは2N3055が4個です。基板のコネクタに接続するのですが、今は外してあります。代わりに別のトランジスタがコネクタに直挿しされてます。終段Trが壊れたか?と疑われての代役です。

最終的にパワーアンプにはTDA1552Qが使われています。
統合アンプ201501_2

左上がPCM2706 USB DAC & HPA です。バランス構成なのでアンバランス出力してます(もったいない)
そして右側がTDA1552Q パワーアンプです。

しかし、実はこのアンプも挙動不審を呈しました。テストをしていると偶に電源LEDランプが消えるのです。
電圧降下してます・・・・・・ むむむ。

やっとのことで原因が判りました。いちばん向こう側に見えるスピーカー端子がシャシーに時々触るのです。
白い四角のプラスチック絶縁具に換装してありますが、あそこに元々付いていたプラスチックが内部で割れていたのです。
そのために端子がシャシーに触ったり離れたりしていたようでした。気が付きませんでした。

いやいやこの4ヶ月は一体なんだったのでしょうか。

【完成品の前面】
統合アンプ201501_1

【同、背面】
統合アンプ201501_3

ケースのお化粧をしてやっとのことで完成です。

エージングを兼ねて今日一日、TDA1552Qのシャープな切れの良い音でNETラジオのJAZZを聴いています。

・・・金田式もどきmini Ampの中身が一式余りました・・・。




スポンサーサイト
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。