スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TA2020 & TDA1552Qステレオ・アンプ(原点回帰)

まもなく30万ヒットを迎えようとしている我がブログであるが、更新周期が伸びていることは、正直言って「ネタ切れ」の感が強い。
昨今はHPA製作ばかりに気を取られ、自分が何でこのブログを始めたのだったかな、を反芻してみました。

そこで気付いたことは、自分の部屋でゆっくりと聴ける良い音アンプから初めていたことでした。

さらに気付くと、私の部屋には中華製アンプやら、良く判らないメーカーの既成アンプやらが蔓延ってます。

以前、素晴らしい音に感動したアンプは何だったろうか・・・     原点回帰です。

【TA2020】
現在のようにディスクリートでアンプ回路が組めるようになった以前、そもそものオーディオ作りの最初は、「カーオーディオIC」を使ってアンプを作り始めたのでした。そして初めて作ったのが、TA2020を使ったこのアンプです。

TA2020-20

TA2020 ICです。この写真はICの足が切れてます。私の失敗一号作でショートしてしまい、あの世行きでした。

TA2020AMP.jpg

この時に作ったアンプを今も大事に持ってます。TA2020-20と印字されたICもまだ1個持ってました。TRIPATHというロゴ印字が見えると思います。製作記はこちらです。

今も珠に聴いていますが、とても澄んだ音色がする秀逸なアンプです。

【TDA1552Q】
TA2020が素晴らしい音色のアンプだったのですが、実はそれを上回るアンプICが登場しました(と言うより、見つけました)
TDA1552Qの音は、何と言ってもその煌びやかな音色に他ならないでしょう。それでいながらしっかりとした音色も奏でます。

その当時は12VDCのACアダプタで聴いていたのですが、様々な評価を見ていると、15Vが秀逸な音が出るらしい。
そこで今回15VDCのACアダプタで駆動してみました。

TDA1552Q_1.jpg

以前、統合アンプに組み込んでいたTDA1552Qアンプ基板(茶色のユニバーサル基板)を持ってきて、コモンモード・トランスに組み合わせました。昨今のACアダプタのノイズ削減対策です。(リレーは使ってません。RCを組み合わせてMUTE ONしてます)

いやいや、やはり素晴らしい音色で鳴ってくれます。見直しましたね。

…気が付いていなかったのですが、2009年5月にこのアンプの完成を記したブログには、何と!31 回もの拍手を頂いておりました。

TDA1552Qは相当以前にディスコンなのですが、唯一、共立エレショップには在庫しているようです。


さて、これらの素晴らしかったアンプを踏まえ、今度は何を作ろうかな・・・ 考え中です。


 

スポンサーサイト
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。