拙作HPAとDACの新たな発見(音の変わり様)

遠景にはエージング中の拙作HPAが2台、近くには拙作DACが青色LEDを点灯して並ぶ。

HPA&DAC

この2つに関連し、自分の音に対する 「いい加減な記憶」 と 「まだまだの感覚」 を記す。

記憶は如何にも忘れやすいものだ
 先日拙作HPAを作って頂いた方のコメントが、「キラキラ感が収まりしっとりとした音に・・・」とあった。
 『キラキラ感て何だ?』というののがその時思ったこと。
 そして今日、エージング開始のHPAの音を聴いた・・・  いやいやまさにキラキラを越した音でした。
 ・・・・あんなに作っていたのに、記憶に残っていたのはエージング終了時の音でした。

新しい音に対するセンサーは衰えない
 拙作DACのOPアンプはMUSES8820がSTDで、自分はLME49720に換装し終段はボルテージフォロア

 以前よりLT1364の評が高いことを知っていたが、発振にピーキーということで避けていた。
 先日、友人よりLT1364を借りたので恐る恐る替えてみました。

 いやいや、いやーーー 素晴らしい音です。
 オペアンプでこれまでの音が出るとは全くの驚きです。
 とてもナチュラルな音バランスなれども、高音がしっかりと伸び、また低音の量感、深みが素晴らしい。

 *Zebelフィルタのコンデンサはフィルムコンに換装してあります。ver2.1も同様です。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード