低電圧差動式HPA 3 (その2・製作記)

難産中の低電圧差動式HPA3号機(2号機が健在なのでver3ではなく3号機と呼ぶ)であるが、
簡単に製作記を記載します。

【完成した基板】
I_HPA_V3_11

・定電流、差動増幅のトランジスタ16個は、Dualトランジスタ8個になりました
・差動増幅負荷抵抗と定電流保護抵抗はチップになりました
・単四電池ケースを入れていた部分へ基板を拡張させて、単三電池を載せるようにしました

【部品実装】
I_HPA_V3_6

・トランジスタや抵抗が整然と収まり綺麗です
 トランジスタは小さいので扱いが虫眼鏡レベルになるが、リードの間隔が意外に広くハンダ付けが楽である
・手前の電池はケースの仕切り壁に当てます。奥の電池は電池ホルダーがサポートします
・入出力のジャックを離し、ここに電源スイッチとLEDを入れスイッチ操作性を改善しました

【前面パネル】
I_HPA_V3_7 φ15のボリュームノブを装着 I_HPA_V3_8 φ11のボリュームノブ

・電池ケース蓋を下にするので基板が上になり部品を吊り下げるようになります。
 よってボリュームは向かって右で2号機と同じです
・φ15のボリュームノブ(白)も使用できますが、φ11(黒)を使用すれば太いサイズのプラグも挿せます。
・スイッチの操作性は狙ったように良くなりました

【トラブル・シューティング】
I_HPA_V3_9

電池蓋がきつくて閉まりません。内寸15mmの高さを約1mmオーバーしています。

I_HPA_V3_10

電池蓋厚さが2mmもあるので削ってみたら蓋ができました。
(まさかこんなこと全数できないよ)

【音質】
まだ電池を入れて5時間ほどしか経っていないので本領はこれからであろうが・・・

・ベタベタに重い2号機の音であるが、3号機は少し軽い音質になったようだ。
 明るい音質側に少し寄った と言うような感じだ。

・気のせいではなかろうが、低域が強くなったような気がする

 周波数特性や諸データを測ってみましょう
 週末は雨なので集中できるかも。



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケースの問題は難題ですね~(゜゜)

僕も金属ケースがかっこいいなあなんて、
思っちゃったりして(^^;

No title

ver3も今から、自分だったらどうしようか楽しみです。
電池のところが干渉するとのことですが、電池部分からR206上のラインまでの距離はどれくらいでしょうか?
3cm以上なら基板をカットすれば電池も干渉せずに余裕で入りそうですよね。

No title

>わごむいぬ。さん

金属ケース、なかなかサイズが合ったもの無いですね。検討中ではありますが。


>yoshiさん

R206の上ラインから基板上までは28mm、ケースの内端までは30mmありますので、「基板が無ければ」直径14mmの単三電池が収納できます。でも、上下寸法が15mmに収まる単三電池ケースが無いのです。

おお

おお!ほぼ出来上がってる!

基板のパターンが残った状態で、基板の一部に穴があいて、電池をはめ込みできれば・・・?
でも、電池のセンターに穴があったりするから無理かな?
電池持ちも気になりますー

No title

>tyatoponさん

電池蓋裏を1mmほど削れば入るのですが・・・
結構これが大変だったりして(笑)

基板も部品もしっかり用意してあるのですが、なかなかGOの踏ん切りがつきません。

金属ケースのご要望もあるのでTC3を仕入れて試してみます。
サイズは楽々なのですがボリュームを付けてからどう入れるかですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>野澤様

メール送りました。
また、送れてないといけないので確認のレスです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

低電圧差動出力ヘッドフォンアンプ

低電圧差動出力ヘッドフォンアンプの先ずは完成品の価格がいくらになるか教えていただきたいのですが宜しいでしょうか?電池駆動のようなので例えば着うたフルが楽しめそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード