低電圧差動式HPA 3 (その3・再設計)

5月28日以降の更新である (何と!スポンサー広告が入ってしまったではないか)
そうです、1ヶ月以降もHPA 3号器の再製作に時間がかかっているのです。

でもその成果は出ました

HPA 3号器は何とか当初予定のケースに入ります。
I_HPA_V3_16
この写真は先刻の基板をカットして作ったものです。

電池が蓋の下に入りました
I_HPA_V3_17

これは私の先生とも言える友人のアドバイスによります。
I_HPA_V3_18_brd.JPG

その方法とは、何と!
1)シングル電池ケースを使うこと(結果的に小型)
2)電池ケース下に穴を開け電池を下げること

この他にも

・回路と定数の見直し : これによって、電池寿命の切れた1.1V以下の電池でも動作します
                v2の単四電池に比較すると3倍に伸びるはずの電池ライフだが、
                電圧下側がこれほど延びるとは、嬉しい誤算です。
                これは電池ライフのデータ計測を是非しなくては(計測屋が疼きます)

・ボリュームから入力ジャックを離すこと : 太いジャックに対応しました(v2.1と同じ配列)
                           これも私の大事なリスナーの方からのアドバイス
-----------------------------------------------------------------
聴いてみると
●Dual_Trの特性のようだが、高音が圧してくる。私は好きです。
●回路見直しによるのか、低音がより豊かになった。余韻が残る鳴り方です。

(今も±0.98Vの単三電池で鳴ってます。歪が出ていますがこれも音質と思えば受け入れられる
 レベルです)

これから作る基板図です
I_HPA_V3_18_brd


はい、私も含め、乞うご期待くださいね。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

基盤が小さくなりましたね(^_-)
ほぼ完成体じゃないですか。
ぜひ音を聴いてみたいです(°▽°)/
iPodは音が悪くて(^^)

No title

楽しみです~

小遣い用意してスタンバってまーす

No title

>わごむいぬ。さん

いえいえ実は肝心の抵抗の値はこれから決めるのです(笑)
完成の暁には是非作ってみてくださいね。


>はやしさん

お小遣いが無くなってしまわないように頑張りますネ。
でも、もうちょっと時間がかかるかも です
(製作現場は色々とゴタゴタしておりまして・・・)
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード