バランス型HPA考

以前より、ぺるけさんのFET差動バランス型ヘッドホンアンプが気になっている。

そこには 「これまで製作してきたヘッドホンアンプの中でNo.1のポジションであることは間違いないようです」とまで書かれているので、これには小生もピリピリするはずである。

一方、私のブログを見ていただいた方が、「差動増幅段の片側が空いてるから、そこに同じ出力段をつなげてやれば、鮮やかにバランス動作するじゃねーか!」 と言われ回路図まで描いてありました。

そこで、習い始めのSPICEを使ってシミュレートしてみました。

【回路図】 片chのみ表示、基本はHPAv3に出力SEPPを1系統追加したもの
Bal_Spice

・Cold端子が別のch方向に伸びてますが、「別chとのCold共通入力=不平衡入力を想定」しています。「完全平衡入力」も当然可能です。
・回路構成上、出力回路に入っているDCカットのC1,C2が必須になります。図では100uFになっていますが低音性能的に1000uF以上の大きなコンデンサが必要になるでしょう。

【入出力電圧波形】 ±50mVの電圧入力、±100mVの「電流」出力
BAL_SpiceOut

・DCバランスも取れて動いてます(何故か、C1,C2が無ければ動きません)
・ここには表示してませんが別chも綺麗に動きます。平衡入力でも同様です。

【SPICEモデル結果での結論】
・HPAv3回路をベースにSEPP出力回路を増設すれば平衡アンプは作れそうだ
・入&出力端子(入力の「平衡」「不平衡」切替を含む)、ボリューム2系統、出力コンデンサ4個追加で音はドーなるか?
 等が課題



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

周到に準備が進んでいるようでワクワクします。早く聴きだいなァ

No title

こんばんわ。ぺるけさんのバランスHPA作りましたが、良いですよ~
カップリングは無いと動かないのは不思議ですね!?
自分なら、入力のコールドを接地させて、ホット側は信号源を設置させ、様子を見てみたいです。

No title

>おによめ さん

ぺるけさんのバランス式ヘッドフォンアンプ良いですか~!
私もv3ベースで早く作って試してみなくては・・・と思いつつ時間が取れてません。

SPICEのシミュレートでは、C1,C2を取り外した状態でColdをGNDさせてみると、Cold出力、Hot出力共に大きくプラス側にドリフトしてしまい、波形も半分切れた状態になります。

何故C1,C2が無ければNGなのかを考えています。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード