バランス型HPA (オーダー品)

試作のバランス型HPAの動作確認ができたばかりであるが、
拙作HPAのv2,v3をお使いいただいている方から、バランス型HPAのオーダーを頂いた。

低電圧差動型HPAの音にとても熱心なファンとして(ご自分の弁)傾注いただき、とても有難いことなのでお引き受けしました。
先ほど完成したばかりですが、その概要をアップします。

【基本回路図】
基本回路図は先のSPICE検討でのブログで紹介しています。

【基板外観】
HPA_Bal_8 
どうしても出力カップリング・コンを付けないと成り立たない回路のようなので、スペースの許す限り大きなコンデンサを付けました。UTSJ・4700uF/16V(低電圧のものが欲しかったのですが、ショップにあった大容量の下限は16V耐圧でした)

ずらりと真正面に並んでいる8個づつの抵抗は入力2・出力4・負帰還2であり、入力と負帰還はオーディオ抵抗のREYを使用。
カップリング・コンデンサが付いたので必要性が薄れたオフセット調整抵抗であるが何気に残してあります。

HPA_Bal_10
とても大事な差動回路と定電流のDualトランジスタなのですが、拙作手製基板のためにハンダ面である裏面になってしまいました。でも、とても大事なものなので裏方として働いてくれることと思います。

【機器外観】 しまった! 最終の外観を撮っていませんでした。
HPA_Bal_5
150*100*50mmのタカチ・FC5-150-100に入れました。
左にある白いのは、エネループ2本用充電器です。これで外から充電します。
左奥にある黒いのは、DCアダプタ出力に3.0Vの定電圧回路を付加した外部供給電源です。エネループで充電中はDCアダプタで動作できます。

【アンバランス型への対応 様々】

正面からはアンバランス型入力に対応したφ3.5ジャック端子を備えます
後述のバランス入力を使用の際はUN/BALのスイッチで切り替えます
HPA_Bal_25

リア側にはアンバランス入力用RAC、アンバランスヘッドフォン用XLR(Canon)コネクタ
HPA_Bal_23


【オプション機能】
1.外部から内部のエネループを充電
HPA_Bal_26
エネループの単三電池出力端子に3本の配線をして、内部に入れたエネループ充電池に繋ぐ端子を設けました。フロントの電源切替スイッチで切り替えます(後述の回路図参照)

2.外部からの安定化3VDC電源を装備
HPA_Bal_28
DCアダプタ6V出力を写真の黒い箱で317T可変電圧レギュレータで3.0Vにして供給しています。

HPA_Bal_18
ここから供給する電源は単電源なので、2SC1815,2SA1015を2個ずつ使った仮想GND電源基板を作り内蔵させました。

改めてフロントのスイッチPWの電源切替機能を説明します。
HPA_Bal_25
・右に移動させると、「電池へ基板が接続し駆動」
・中央では、「電池は基板からOFF」、「基板はDCラインへ接続」
・左では、「電池は外部充電器に接続」、「基板はDCラインへ接続」

【このアンプセットの回路図】
HPA_BAL_sch
注:負帰還抵抗の20kは増幅度UPのため33kに変更されています

【失敗談】
今回使ったケースはタカチ・FC5-150-100というビジュアル系ケースであったが、とんでもない思い違いをして、内部を大改造することになってしまいましたよ。(トホホ)
HPA_Bal_11
これはフロントパネルの裏側です。横のパネルを見ると判りますが、コーナーを止めるネジ穴のレールが繋がってます。これがとんでもなく邪魔だったのです。
このケースは真ん中に基板を載せて上方からアクセスする用途で設計されているようだ。
選択した私のミスだったので大型リューターで2時間かけて削りました。

このような側面に端子を出す用途には決してこのケースは使わないでくださいね。


【作ってみて】

・回路検討から間もなくして実用器を作るプレッシャーがありましたが、
 考えたこと、短時間でほぼできたことが非常に嬉しいですね。

・何と言ってもその音の素晴らしさに作りの疲れも吹っ飛びました。
 とても饒舌なHPAの音はそのままです。低音の豊かさと高域の分解能は絶賛です。
 先ほどまで手元で豊穣な音楽再生していたアンプが無くなって(発送)しまい寂しい。


 試作器の抵抗の足を短くカットして、廉価版ケースのYM-150に入れましょう(笑)


・・・さて、こんな大きなHPAをどうやって小型化しようか。
大いに悩むところであるが、弱脳のリハビリのため少々の時間を頂こうかな。




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

発注待機中です!

ver2.1ではお世話になりました。
あの感動を分かち合いたく布教活動の毎日です(笑)

次はこのスーパーな新作キットを希望です。
盛りだくさんの機能にビックリです。
筐体が大きくなる分dockジャック付でも
良いかなと思いました。(←産みの苦しみを知らないものの戯言)

Re:発注待機中です!

>本牧さん

期待のコメントありがとうございます。タイムリーに嬉しいです。

でも、小型機器作りを目指す小生としては、幾らなんでもこの大きさではキットにしにくいですよね。
どこまで基板を小さくできるか、お好みによってオプション機能の取り付けが選べる構成などを考えねばなりませんね。

基板とメインパーツだけを頒布できるようにして、オプションは皆さんで作ってね。 というスタイルが私の手離れが良い なんて軽い気持ちで受け止めておきます。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード