スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TDA1552Qアンプのコンデンサ性能テスト(準備)

4月29日は小生の連休初日。
パーツが足らないので買出しに出かけた。
お店の周囲はごった返していたが、電車はすきすきであった。

早速、TDA1552Qアンプと各種コンデンサ性能テストの準備に入った。

思ったようなコンデンサ(KZ)や容量が揃わず、ややまちまちな比較になるが、

比較するコンデンサ
1.入力カップリング
①SMG、1uF(中国製、10円) ②UTSJ、0.47uF(東信、50円) ③OS-CON、1uF(三洋、60円)
SMG1      UTSJ047        OSCON1

2.電源用(今回は、各チャンネル毎に独立で配置する。これが正攻法らしい)
①SME、470uF×2(中国製、30円×2) ②UTSJ、1000uF(東信、120円) 
SME470          UTSJ1000
③MUSE BP、470uF×2(nichicon、70円×2)
MUSE_BP470

3.元電源平滑用
現在はUTSJ、10000uFを使っているが、コストカットできないか で、
1.2.のテスト終了後にやってみよう

テスト用機材
コンデンサはハンダの熱をかけると、エイジングに100時間もかかると言われているので
今回はソケットに差し込む方法にした。
オペアンプ8ピンコネクタなので少々固定が緩いが、短時間ならもつだろう。

例によって、回路図と実物だ。
TDA1552con実体    TDA1552conBase

最安価な組み合わせでセットした。音が出たので、いよいよ明日はテストである。
TDA1552conBaseSet








テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。