バランス型ヘッドホンアンプ(基板変更・再頒布)

(このHPAは頒布を終了しております)

基板を変更しました


【変更内容】
1.アンバランス入力の場合、2連ボリュームが使えます。
  これにより入力カップリングコンデンサ2個も外せます。
2.電池駆動の場合、レールスプリッターを通さないようにしました。
  替りに充電端子は削除しました。

上記と基板製作先変更により頒布費用低減ができました。

【外観】
HPA_Bal2_60
この写真はオプションコネクタ(3軸アンバランス入力、ヒロセ6Pバランス出力)を装着したものです。アンバランス入力の場合、一般の2連ボリュームが使えるようにしました。入力カップリング・コンデンサ2個をジャンパーします。コネクタの収納性などで、スイッチを小型のLINKMANに替えてます。
----------------------------------------------------------------------------
以下は一部変更(赤)を含み再掲載します

【特徴】
・差動増幅式HPAの差動増幅部をHotとColdのバランス入力にしました。
 従来からのアンバランス入力(3軸)も可能です。

・出力も終段SEPP回路を1段増設しHotとColdのバランス出力(SEPP-BTL)にしました。

・回路構成上、出力カップリングコンデンサを設けましたが、低域再生周波数は従来HPAよりも優れています。

・単三電池2本で動作しますが、屋内用途を考慮しDCアダプタ3Vも装着できます。

・4系統の入出力回路になりながらも軽量・コンパクトを継承しました。
 幅66×奥行110(従来+20)×厚さ21mm、重量135g(電池含)

【回路図】 電源入力周りが変更になってます
HPA_Bal2_62  
・前段はDualトランジスタによる差動増幅、終段は高音系の音に特徴のある2SA1428/2SC3668Trを使ったSEPPのBTL駆動です。
・バランス型なのでHot,Cold×2chの4系統入力に対応した4連ボリュームを使います。
・DC3Vアダプタ用にTrを使った仮想GND分圧回路を設けました。
・電池にエネループを使った場合、充電端子を内部に設けました(別途充電器が必要)

【音質】
拙作HPA v3との比較で表現します(HPA v3はかなりのパフォーマンスですが)

・驚くほど全体の音がダイナミックで深いです。『素晴らしい臨場感』が皆さんの第一声です。

・高音もv3を踏襲し、綺麗な音と定位が素晴らしいと感じます。

・特筆は低域の伸びとボリューム感です。

【歪率】
(バランス型では計測できずアンバランス出力変換アダプタ製作中)

【周波数特性】
HPA_Bal2_6
低域、高域ともに前作v3よりも優秀です。特に低域は私の計測器の下限5Hzまでフラットに延びてます。

【部品表と頒布費用】
回路図記号品名仕様 [用途]個数費用(円)
Q1,Q5
DualトランジスタBC846DS [差動増幅]21,500
Q2,Q6同上BCM856DS [同上]2
Q3,Q7同上BC846DS [同上]2
Q4,Q8同上BCM856DS [同上]2
Q109,111,Q209,211トランジスタ2SA1428-Y [終段増幅]4
Q110,112,Q210,212同上2SC3668-Y [同上]4
Q13,14,15,16同上2SA1015,2SC18154
R109,111,110,112
R209,211,210,212
チップ抵抗 20121.5k [差動増幅 負荷]8600
R107,108,207,208同上2k [アイドル電流 調整]4
R103,104,105,106
R203,204,205,206
同上10 [定電流 保護]8
VR1,VR2半固定抵抗200k, GF063P1B204 [差動増幅オフセット調整]2
R101,201,102,2021/4W抵抗10k  [入力抵抗]   推奨REY4
R115,215,116,216同上33k [負帰還抵抗] 推奨REY4
R117,217,118,218
R121,221,122,222
同上1Ω  [終段保護]8
R119,219,120,220
R123,223,124,224
同上10Ω [終段負荷]8
C1,2
C103,203,104,204
電解コンデンサ1000uF/4V(日ケミ,APSC4R0ELL102MJB5S)
デカップリング 及び 出力カップリング
61,800
C101,201、102,202同上100uF/16V (UTSJ)  [入力保護]4240
アンバランス入力専用の場合2個になります2120
LED1LEDφ3   赤または青150
ST_JACK_MINIφ3.5ジャックステレオ、ST-0053210
VOL50K4連ボリュームA50k, LINKMAN, RD925G 改造品11,200
2連ボリューム
アンバランス入力専用、A50k,LINKMAN,RD925G1300
ボリュームツマミφ6300
SW2-2電源スイッチLINKMAN,2UD1-T1-A1-M6-R-E1100
DC_JACKDCジャックφ2.1MJ-179P150
収納ケースタカチ,GHA7-2-11D*(ブラックまたはアイボリー)1600
基板専用基板11,500
電池ケース単三1本用2100
合計(バランス入力)8,250
合計(アンバランス入力)7,230
合計(写真のオプション仕様)7,920

キット頒布費用 :  7,230円(アンバランス入力仕様)
完成品頒布費用 : 17,000円 (どうしてもというご希望の方に)
送料       :物量が増えたので宅配便を利用します(関東圏640円、その他別途)

オプションパーツ(記事詳細はこちらです)
バランス型コネクタ(代替)ヒロセ・HR10A-7R-6S(73)1600
ケース取り付け用φ3.5ステレオジャックマル信電機・MU-074N190

バランス型ヘッドフォン改造用プラグヒロセ・HR10A-7P-6P(73)11,100
同上バランス型端子からφ3.5ステレオプラグ変換 (数少ない)特注品11,700
バランス型ヘッドフォン改造用シールド4線1m単位1350/m
完成品での改造作業費:2,000円
ヘッドフォン改造作業費:  500円 (これら作業はできるだけ各自でお願いします)

頒布御希望の方は、このページのコメント欄に書き込んでください(匿名可)
こちらからお返事のメールいたします。
メールアドレスを必ずお書きください。匿名なら公開されず私にしか見えません。

ご注意:このバランス型HPAを使うためにはヘッドフォンの配線をバランス型対応に改造
     する必要があります。詳しくは
こちらをご覧ください。
     ご自分で改造が難しい方は相談に応じます。



製作マニュアルはこちらをお使いください(2011.12.5 基板改に変更)


本HPAに関するブログ記事は以下をご覧ください

基本的な構想検討(http://higa284.blog20.fc2.com/blog-entry-131.html)

試作品(http://higa284.blog20.fc2.com/blog-entry-132.html)

オーダー品(http://higa284.blog20.fc2.com/blog-entry-134.html)

歪率を記載(http://higa284.blog20.fc2.com/blog-entry-137.html)







テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード