スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TDA1552Qアンプ完成版の製作

昨日の結果に気を良くして、今日はモックに変わる完成版アンプを作ろう。

TDA1552Qの付属部品が少ないのを120%利用させてもらう「コンパクトアンプ」です。

実は、このTDA1552Qが並々ならぬ素質を持っていそうなことは、先のガラクタ品集合アンプ時点で
感じていたことである。
この部品数で行ければ、アンプ筐体は今のYM-150(タカチ)から2段階下のYM-100(W100×
D70×H30)までいけるのではと考え、先日買ってきておいた。

例によって実体配線図(今回は配線面も添付した)
TDA1552実体2

ユニバーサル基板に部品を配置した。W53×D79のミニ基板にきっちり収まる。
あ、言い忘れているかもしれないが、TDA1552は「足長」なので少々無理すれば、2.54mmピッチの
汎用ユニバーサルが使えます。
長い足は7本を狭めて配置、短い足は中1本分を開けて差し込むと安定します。
TDA1552基板   tda1552基板裏
*汎用の10000uFコンデンサが無かったので、UTSJ 10000uFを代理で使用

ケースを加工し付属部品を取り付け(スイッチ、Volは基板取り付け後に付ける)
TDA1552_Case   TDA1552配置

先輩アンプやテスト装置を尻目に、ただいまON-STAGE。やはり良い音です。最高です。
TDA1552テスト風景

大分疲れました。
細かなことは明日書き留めることにして、今日は「エイジング・テストラン」に移りましょう。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

製作

明けましておめでとうございます。

LH0032の記事でご紹介いただいたTDA1552Qなんですが、年越しで製作しました。
2012年の第1号機になります。

とは言っても、此方の記事を参考にユニバーサル基板に実装が終わっただけですので、これからケース加工と音出し確認です。

Re:製作

>SANさん

元旦からの製作、励みますね。

12V給電よりも15~16Vが綺麗な音が出るそうです。

電圧上げたらPOP音が必ず出ます。
対策回路の定数は電流値を下げるように変えたほうが良いかも。

Re:製作

>haigaさん

TDA1552Qを教えていただいてから、色々調べてみたんですが各所で高評価を得ていますね。
それを見ている内にいてもたってもいられず、早速日本橋に繰り出しました。

材料集めや、記事の理解などで製作までに1週間程度掛かってしまいましたが、31日の晩にやっと製作に掛かれたというわけです。

1日の日中にケース加工と音出しをしてみたんですが、ひどいモンでした。
高音は問題なく出ているようですが、低音が出てくるととたんに割れてしまいます。

ショックでしたがHPAの失敗経験が役に立ち、半田不良から疑ってみました。

組み込んだ後だったので、ちょっとやりにくかったですが、半田ごてを当て直しながら配線の確認も同時に行い、再度鳴らすと割れることもなく現在エージング中です。

ちょっと気になったのですが、スピーカー出力のDC電圧が10mV~30mV程度出ています。
(テスターを当てたのは、左右それぞれの+-SP端子です。)

これって問題ないレベルでしょうか?
HPAの時はシビアに調整していたので。

Re:オフセット電圧

>SANさん

TDA1552Qアンプが完成したそうでおめでとうございます。

ヘッドホンアンプは数十mWの出力で動くヘッドホンコイルが対象なので±5mV以下の調整をしますが、スピーカー用アンプでは数Wとヘッドホンアンプの100倍近い出力で駆動するスピーカーコイルが対象なので、オフセット電圧は実用的には100mV程度までは許容されるようです。(でも数十mV程度以下が好ましい)

ところで、
オフセット電圧はどのようにして計測されましたか?
このアンプはBTL出力なので(+側と-側のアンプで駆動するものでGNDからは浮いている)、入力ボリュームをゼロにして、スピーカー端子両端の電圧がオフセット電圧になります。
即ち、「スピーカーのコイルにかかっているDC電圧」がオフセット電圧です。

参考までに
v3ヘッドフォンアンプの出力回路はアンプ出力とGND間にヘッドフォンコイルが接続されていますので、出力端子とGND間のDC電圧が出力オフセット電圧です。
また、最近製作のバランス型ヘッドフォンアンプはBTL出力です。

No title

>haigaさん

>スピーカー端子両端の電圧がオフセット電圧になります。
電圧測定時は、入力ボリュームゼロでアンプのSP端子の+と-を左右それぞれ調べました。
右で30mV、左で10mVだったと記憶しています。

安定後のオフセットはまだ計っていないので調べてみますね。

皆さんの言われるとおり、1552Qってすごいですね。
たったこれだけの部品からきれいに音が出てくれます。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。