バランス型DCヘッドホンアンプ(完成)

新回路での『バランス型DCヘッドホンアンプ』が完成しました。

HPA_BAL_DC_K9

HPA_BAL_DC_K8

これらの写真は、入力がアンバランスのφ3.5ジャック、出力が当然バランスでオプションのヒロセ・6Pコネクタ仕様です。

基板上配置は左右チャンネルがすっきりと左右に別れ、チップ抵抗、表面実装Tr、入出力のオーディオ抵抗、そして出力段の配置がスッキリしたと思います。
特に、出力カップリングコンデンサが廃止できたことや、更に入力カップリングコンデンサを外してありますので基板面が広々としました。


基板化したことによって発振に対して敏感になったようです。
15mA~20mA程度のアイドル電流調整を初段差動増幅の電流調整で行う方式を採っているのですが、これを20mA側に近付けると、ボリュームを上げた領域で音が割れます。
アイドル電流を10~15mA程度に抑えると音は割れません。
(バランス型出力のため私所有のスコープでは波形表示ができないので発振なのかが確認できないのですが多分そうです)


それにしても素晴らしい音がします。

組立当初、左右チャンネル共に終段出力抵抗の接触が甘く、片肺状態で動いていたにも関わらず、音が悪いと感じませんでした。
DCバランスが半固定抵抗の中点でないことから接触不良に気が付いて直しました。

まあ、何と良い音で鳴ることでしょう。
試作時よりも、落ち着いた感じと爽やか感が増えています。
また、パーカッションの定位が更にはっきりとします。

本当は一昨日の金曜日の夜にこのブログを書くつもりでいたのですが、自分の好きな女性ジャズボーカールに聴き入り、気が付いたら6時間も経った未明でした。


バランス出力をアンバランスに変換するアンプの調子がまた悪いので、歪率や波形表示ができません。性能の良いオペアンプを組み合わせて計測用回路を組まなくてなりません。


お待ちの方もおられるので頒布準備も急がなくては・・・





テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード