スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低電圧差動式DCヘッドホンアンプv4 (頒布)

(このHPAは頒布を終了しております)

DCヘッドホンアンプv4が電池2本の低電圧でも優れた性能となったので、是非皆さんにも作って聴いて頂きたいので頒布します。

2012.06.03追記
基板を小変更して頒布を継続しています。マニュアルも小変更しました。


こちらの製作記もご覧ください)

【v4バージョンの特徴】

1.入出力コンデンサを排除したDCアンプです。

2.基本回路は金田式DCアンプと同等ですが、低電圧に対応した定電流回路や、
  あっと驚きの2段差動増幅回路に特徴があります。
  この接続法はpnp-npnインバーテッド・ダーリントン接続、そのものです。
  負荷抵抗が無いことで2段目差動増幅と終段Trが2個あわせても0.6Vbeの
  低消費電圧で動作します
(解説は製作記で行います)

3.電池2本で素晴らしい音のパフォーマンスと長時間駆動を兼ね備えます。

4.オプションで5V昇圧回路が組み込みできます。高出力化が可能です。


【外観】
HPA_v4_DC_6
【内部】
HPA_v4_DC_7

性能や特徴はこの記事を参照願います。

【頒布リスト】
回路図記号品名仕様(用途)個数費用(円)
Q101,Q201Dual TrBC846DS [1段目差動増幅]2Tr合計1,200
Q102,Q202同上BCM856DS [2段目差動増幅]2
FET1,FET2J-FET2SK30A-Y[定電流] Idss=1.3~1.5近傍のものを選別2
Q103,Q203Tr2SC2712 [定電流調整]2
Q104,Q105Tr2SC3668-Y hFEペア±10% [終段増幅]2
Q204,Q205Tr2SC3668-Y hFEペア±10% [終段増幅]2
R103,104
R203,204
チップ抵抗20121.5k    [差動増幅 負荷抵抗]4抵抗
合計
600
R105,205同上620   [位相補償]2
R106,206同上750   620 [定電流負荷抵抗]2
R107
R207
同上100   [差動増幅電流調整] 2
R108,109
R208,209
同上120   [差動増幅負荷抵抗] 4
VR101,VR201半固定抵抗100, GF063P1B101相当品    [オフセット電圧調整]2
VR102,VR202同上1k, GF063P1B102相当品    [定電流=>アイドル電流調整]2
R102,2021/4W抵抗(推奨REY)1k    [入力抵抗]、音質に寄与2
R113,114,R213,214同上1.8k     [負帰還量調整] 、音質に寄与4
R110,111,R210,211同上10Ω      [終段負荷抵抗] 音質に寄与4
R112,R2121/4W抵抗、金皮10Ω      [発振防止Zobelフィルタ]2
R002,R003同上220k~1M  [ボリューム異常対応]2
C1,C2固体コンデンサ1000uF/4V (日ケミ,APSC4R0ELL102MJB5S)2
CON
合計
700
C102,C202チップコン2012330pF   [位相補償]2
C104,C204フィルムコンデンサ0.1uF    [発振防止Zobelフィルタ]2
LED1φ3φ3LED、赤または青 [電源ランプ]150
JACK_IN,_OUTφ3.5ステレオジャックステレオ、AJ-17802100
VOL12連ボリュームA50k,LINKMAN、RD925G1250
ボリュームツマミφ6(LINKMAN等任意)1300
SW2-2電源スイッチ2回路2接点、LINKMAN,2UD1-T1-A1-M6-R-E1100
収納ケースタカチ,GHA7-2-9D* (色はアイボリーまたは黒)1500
基板専用基板(haiga's DC hpa v4,P板.com製)11,500
電池ケース単三1本用2100
電池2本 そのまま仕様 合計5,400
DC_CON昇圧DCコンバータMCP1640搭載DCコンバータ、出力最大5.5V11,000
Q1,Q2NPN Tr2SC18152
Q3,Q4PNP Tr2SA10152
R204,R205チップ抵抗20121.5k2
昇圧オプション部品1,000

【頒布について】

・ご希望の方は、メルアドを必ずご記入の上 「管理者宛コメント」を記入願います。
 管理者だけにしか見えません。

・集計してある費用単位での頒布も可能です。

・キット頒布では宅配便送料負担をお願いします(関東640円 他)

・完成品も頒布します。費用は15,000円です。

・製作マニュアルはこちらです。New2

注意事項
このヘッドホンアンプの製作難度は比較的高めです。
マニュアルの冒頭に記載していますが、製作した結果の機能・性能を当方が保証できません。
各自スキルの自己責任でお願いいたします。
また、使っているLINKMANボリュームには、動作時音(通称ガリオーム)が発生するものがあります。
音が出ている時には気にならないレベルですが事前了承願います。




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。