バランス型DCヘッドホンアンプのリベンジ

対称型終段増幅によるバランス型DCヘッドホンアンプは、先のDC問題がすっきりと解決し、素晴らしい音を出してくれるのだが・・・

HPA_BAL_DC2_3

やり残したことが2つある。

1.電池4個にしたので、右側のように巨大化してしまった(左が先のバランス型HPA)
2.オフセット対策で、アンバランス入力でも4連ボリュームを使うためのコスト高

・・・・ここ暫く、これらの課題を何とかできないかを考えていたのだが、

1.v4での低電圧パフォーマンスが横展開できないか?
2.入力回路の低インピーダンスが災いしている。
   -> 入力抵抗と負帰還抵抗を上げればなんとかならないものだろうか?

早速にやってみました。
HPA_BAL_DC2_4
・バランス型DCヘッドホンアンプ基板を定数変更仕様に改造

1.2段目差動増幅の負荷抵抗を削除し、低消費電流回路(電圧低下を防止)にする。
2.入力抵抗、負帰還抵抗を夫々10k->100k、33k->330kの10倍とする。
  (ボリューム変化とDCバランス変化をチェックしながら徐々に増加)
    ->2連ボリュームでオフセット電圧をテスト

結果:

1.電池は2個、アイドル電流8mAで、
消費電流 約20mAで動作してます。
  音のパワーも問題ないようです。
2.ボリューム変化で±100mVもあったのが、±10mV程度まで下がった。


サクサクっと基板アートを作ってみました。基板サイズはオリジナル・アンプと同じです。
HPA_BAL_DC2_1

・アンバランスとバランスの入力変更を可能とします
 よって4連ボリュームも残りますが、アンバランス入力では2連が使えます。

・出力コネクタは6P端子を標準化します。

・かなりスペースが残ってます。5V昇圧opt仕様も載せることができそうだ。




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード