USB DAC PCM2706 の試作

2012.6.13 本番用基板図を追加

USB DAC PCM2706はアナログ出力・デジタル出力S/PDIFの他にI2Sも切り替え出力できるようだ。
以前作った機器では、DAI(CS8414)でS/PDIFからI2Sに変換してDAC(TDA1543)に入力していたのだが、PCM2706を使えば簡単にできてしまう。

PCM2706は国内販売されていないようなのでDigikeyから入手した。

そして作ったのがこの試作基板です

【PCM2706 USB DAC 試作:表】

2706DAC_Test_2

【裏】
2706DAC_Test_3

試作中なので種々のジャンパーが飛んでます(笑)

【回路図】
2706DAC_Test_1

このUSB DACの電源はBus Power、Self Powerの両者が使えるのだが、音作りの基本的設計は後者のSelf Powerであると設計者が言っているようだ。

よって今回も電源は、USB 5V -> LCフィルター -> 3.3V Reg -> SEPCコンで十分なノイズ除去、としました。

アナログ出力部はこのままでも十分な高品位HPAとして使えるよう、OPアンプをノイズフィルタ+DCオフセットキャンセラー+バッファに使った。±5V駆動です。

出力段に音質に少なからず影響の出るカップリングコンデンサを付けず、半固定抵抗でDC調整がしっかりできるようにしてあるところに特徴があります。

【デジタル出力の機能確認】
1.S/PDIF
2706DAC_Test_4
S/PDIF出力は先のDAC(CS8414 DAI+TDA1543 DAC)に入力してみました。
この出力は久しぶりに使う「ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ」に接続し、ヘッドホンの音で評価してみます。

かなり低音がしっかり出ている感じがする。NOS DACの効果もあるのか?

2.I2S
2706DAC_Test_5
S/PDIFからI2Sへの切り替えはFSEL端子をLowにする。
NOS DACのI2S入力部をバラすのが大変なため、I2S出力は新たに作ったTDA1543 DACに入力しました(I/V抵抗は右のDAC用を借用)
即ち、CS8414 NOS DACは経由せず、本PCM2706 USB DAC とTDA1543 DACの力量が聴けるわけである。

I2Sの音、とても良いですね。こんなシンプル構成でも十分な音感です。
というよりも音のベールが2枚ほど取り払われた感じのする分解能が際立った音です。
これならば高価なCS8414が不要になります(既に生産中止?)。
---------------------------------------------------------------------------
2012.06.14 追記
これは凄いです。TDA1543のI/Vをトランジスタ式に変えたら、一体どんな音が出てくるのだろうか?
---------------------------------------------------------------------------

さてさて、PCM2706を使ったDAC基板を起こしてみたくなりました。

・USB電源をつかったSelf Power
・高品位アナログ出力回路を有す(実装するかはユーザー選択)
・S/PDIF出力から光出力も装着可能にしたいな
・I2S出力端子付き(ジャンパーでS/PDIFと切り替え)
・Volumeコントロールやmute回路も付けておこう

--------- 2012.06.13 追記 ---------------------------------------------------
【基板図】製作品は更にリファインした設計になります
2706DAC_1_brd
2704の基板と同サイズです(60×82.5)。
ケースに入れる場合はタカチのプラスチックケースが使えます。
OPアンプは表面実装品も付けられるようにしてみました。
デジタルには光出力も搭載できます(ケースには入らなくなります)

それにしても切り替えや出力端子がびっしり並んでます。

【回路図】
2706DAC_2_sch  
CLOCKは低ジッタが期待できる温度補償型高精度TCXO・FOX924Bを使います。
デジタル出力主体で使われる方が多いかもしれないので、アナログ出力パーツは選択に。
USBからもらう電源の品位向上には固体コンデンサSEPC6.3V1500uFを4個(デジタル系2個、アナログ系2個)使います。
逆にオペアンプ用マイナス電源反転コンデンサはコストを抑える低品位品でも良さそうだ。



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2706ほしいな

ご無沙汰してます。
私はCS8416+FN1242Aの組み合わせで作りました。
NOSDACも作るつもりですが、まだ手が回ってません。

PCM2706はたくさん購入されたんですか?
余裕があるなら、分けてほしいです(自分で7000円にまとめればいいんだろうけど)
なぜか、PCM2704がたくさんあるのでS/PDIFでつくりましたが、I2Sでやってみたくなりました。
秋月の変換基板にのせて、Bサイズ基板に集約します。

では!

No title

>豚父さん

こんにちわ、haigaです。

PCM2706のI2SはなかなかGoodですよ。
NOS DACに引けをとらない音感でした です(私の環境では)

PCM2706はそこそこの数入手しましたので1個であればOKです。
digikeyで900円弱の単価だったと思います。

貴殿のメルアドが見つかりません。
ご住所と一緒に管理者宛に再UP願えませんか?

No title

こんにちわ~

http://eleshop.jp/shop/g/gBC1411/
共立エレショップのものを購入しようか考えていましたが、こちらでは盛りだくさんになりそうで楽しみです。

No title

>おによめ さん

お久しぶりです。

まさに、「よくばりUSB DAC」の様相を呈してますね(笑)

「HPA DCとして使える機能が搭載できる」のが私が考える仕様の最大チョイスです。

デジタル信号の後処理が簡単なI2Sが魅力でしたが、「当り」でした。

基板設計も早晩完成しましたので発注しますよ。

この後、光通信機能も確認してみます(光通信TOTX、TORXの品位が最も寄与しますが・・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

I2S経由とSPDIF経由

こんにちは!
ちょっと疑問に思ったんですが、ご存じでしたら教えてください。

2706はI2SとSPDIFの両方の出力が得られると思いますが、
どっちが音質はいいんでしょうか?
確かに、DACだけ用意しればいいという意味で、I2Sを使う訳ですが、
TOSLINKも用意してCDプレーヤーもつなぎたい、TVの音声もディジタルでつなぎたいなどという時に、DAIを用意して、2706もそっちにつないじゃうって方法もあると思います。

で、どっちがスペック的にいいんでしょうか??

あと、270Xって、内部電源レギュレーターを使わない方がスペック上、明示的にいい数字になってますが、これは、I2SやSPDIFでもそうなんですか?
内部のDACをつかわなければ、スペック的には違わないんじゃないかと思ってます。
データシートを読んでも、よくわかりません。

ご存じでしたら、ぜひ教えてください。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード