TDA1543の Tr式IV回路とプレフィルタ(LPF)の効果

先に掲載したこの記事では、PCM2706 USB DACのI2S信号を再生するのに使っている、TDA1543 DAC出力のIV変換に、トランジスタ式が良い音を出すと書いた。

この記事に私の友人から、「TIM歪を考慮するとLPFはIV変換の前に」というコメントを貰った。
色々と調べてみるとやはりそうでした。

【改良した構成】
2706DAC_Test_19
・手前左がUSB DAC PCM2706、ここからI2Sデジタル出力してます
・奥側がTDA1543 DAC と、トランジスタ式IV変換基板
・右手前が「RLCローパスフィルタ」です。今の定数設定は36KHzです。
 TDA1543の電流出力を取り出し、このLPFにかけた後にトランジスタ式IV変換に戻します。

結果
 いやいや素晴らしい音になりました。
 このLPFはとても良く効いています。Cを間違え、0.2uFを2.2uFにしたら高音が出なくなりました。

 高音の荒々しさ(キンキン音)が消え、しっとりとした音感です。


さて明日は特性を計測してみましょう。






テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

回路を見せていただけませんか

I2S以降のTDA1453、フィルター、I/V変換などの回路を発表していただけませんか?

No title

>豚父さん

私が参考としたトランジスタIV変換回路をUPされていた方のページで、回路図がOFFされているので私が発表するのはちょっとまずいですね。

先方に伺ってみましょう。

No title

トランジスタIV回路、見せていただきました。
LCフィルターですが、写真で見るとπ型?のようですが、定数はどのように決定されたのですか?
実は、5V動作、抵抗1本IV+LCフィルターを考えてます(暑いのを理由にさぼってますが)
それで質問させていただいた次第です。

光/同軸入力のDAI+DACの前にPCM2704のS/PDIF出力をつなぎ、DAIの入力を切り替えて、PCからのUSBとCDプレーヤーやTVのS/PDIFの両方に対応する計画を持ってましたが、PCM2706のI2S経由の方がUSBの音がいいなら、DACの入力の前で切り替えることで対応しようかなと・・
でも、切り替え回路などで部品点数が増えて予定のケースに入りそうもないので、DACにTDA1453を使い、省スペースにならないかと思った次第です。では!
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード