USB-DAC搭載 k式ミニDCアンプ

久しぶりのアンプ製作と投稿です。
(この春からはじめたアマチェアハムで遊ぶのが忙しいです。ハイ)

金田式DCアンプの電源シンプル版+USB-DAC搭載のミニアンプを作りました。

これは、
ここで製作したものを基板化してあったのだが、なかなか時間が取れずにしまい込んであったものです。
友人の妹さんが、同構成の
このアンプの音を聴いて是非とのことで作ることになった。
小生と同様にNetラジオを聴きながらお仕事をするそうで、USB DACも併設しました。

話は夏前(いやもっと前だった m(- -)m ) なのに、やっとの完成である。遅くなりました。

【外観】
m_amp_1
USB DACも内蔵したのでいつもよりも大きなケース(タカチ、YM-250)です。
上面がさみしいのでクリアシールにロゴを描いて貼ってみました。
右側が下がっていたので本番は張替えました。なかなか綺麗です。

m_amp_3
RCAからの入力もできるように裏面に付けました。
miniUSB端子、ACアダプタ(15VDC,1.2A、秋月)コネクタが付きます。


m_amp_2
前側にφ3.5ステレオミニジャックを取り付け、小型プレーヤーからの入力も可能にしました。

【内部】

m_amp_4
左上がミニアンプ基板、右手前がUSB DAC(PCM2706)基板、その上方がACアダプタからのDC15Vを±7.5Vに分圧(仮想GNDを作る)レールスプリッタ回路です。オペアンプでオフセットを自動調整する機能があります。
手前側に並んでいる4個のトランジスタが終段増幅の、K式指定の2N3055です。

m_amp_5
ミニアンプ基板です。

初段が2SK117BLを使った差動増幅、2SJ103+半固定抵抗5kで定電流調整してます。
2段目は2SA970GR(hFE≒400)を差動で使った増幅段、
ドライバーは2SC1815GR(hFE≒400)を使ってます。爽やかな音になるようです。

真ん中に見える黄色の抵抗は初段、2段目の電圧を終段に対し+1.2V程度上げるために終段に印加する電圧を4.7Ωで下げるものです。よって終段には6.3V程度、初段と2段目には7.5Vが印加されています。

m_amp_6
OPアンプオフセット調整機構付きのレールスプリッタ回路です。
ミニアンプ基板にも同様回路を搭載していたのですが、何故か動かず別体を作った。
まあ、基板の電源回路はまたチェックしましょう。

この回路で0.01V偏差でDC分割・仮想GND形成ができます。
ここで使うTrはコレクタ損失の容量を使用電力に見合ったものを使う必要があります。
ここでのTrは2SA1358、2SC3421の1Aコレクタ損失です。

m_amp_7
USB DACは
拙作PCM2706 USB DACを使いました。
出力OPアンプはLT1364です。

---    ----     -----         ------         -------

以上、本アンプのハード構成を記載しました。

総じて言うなれば、「Discrete構成」 「(入出力コンデンサを廃した)DCアンプ」である。
本家の金田式アンプから見れば、「電源電圧低い簡易バージョン」と言うべきかな。

---    ----     -----         ------         -------

【特性】1月に作ったものと同特性だったのでデータを引用

【歪率】
m_amp_9
【周波数特性】
m_amp_10
【音質】

以前にも書きましたが、
小出力ながらも以前製作したNo209(もどき)と同レベルの音感です。全体が押し出してくるような音感と音の輪郭の明瞭さが際立ちます。この輪郭の明瞭感は終段トランジスタ2N3055によるところが多分にあります。

USB DACとの組み合わせですが、若干ボリュームレベルが低い印象がありますが、12時方向から上に上げれば、8cmスピーカー+6畳間という私の環境では十二分の音量があり、とても爽やかながらも低音が伸びる感じがあります。

もっとも、低音が伸びる理由は、このスピーカーの特性によるところも多分にありますが、今回はアンプのアイドル電流を150mA程度に上げてあることも一因と思います。

低レベルのボリュームでもしっかりとした音楽が聴こえることも特徴のひとつです。





テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

数日前、製作いただいたアンプ、拝受いたしました。今接続しまして、すばらしい音質での音楽、楽しんでおります。わざわざ製作していただいて、本当にありがとうございました!

No title

haigaです。

コメントありがとうございました。このようなお便りが何より嬉しいです。
気に入って頂けたでしょうか。

大きなトランジスタに少ない電圧しかかかっていないので、少しローパワーかもしれません。
使い込めば更に良い音になってきます。

このアンプの歪率特性は少し面白いです。
ボリュームを上げ気味にしても、下げても、ノイズレベルが変わらないということは、ボリュームを下げると歪の絶対値が小さくなる、即ち小さな音でも綺麗な音がするということになります。

是非可愛がってあげてください。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード