USB DACの製作(その2)

本格的なDACを作ってみたくて、「お気楽オーディオキット資料館」でDAC2702 USB-DACの基板とICを
提供頂き作ってみました。

まだ動作テストの段階でボール箱の上です。
USB_DAC2_mok

とても解像度が高く、中高音の伸びと冴え、低音域も延びた感じのする音です。
ディスクリート・ヘッドフォンアンプに接続すると、その良さが解ります。
ここまで解像度が上がると、ちょっときつく感ずるかもしれません。 でも私は好みです。

音質はオペアンプも効くということなので、WEB情報で検討した結果、LME49720にしました。
このオペアンプのクリアな音質も寄与しているのでしょう。

制作上の失敗

・PCM2702は超小型のICで足のピッチが0.5mm?
 最初ハンダの量を間違えて散々でした。やっとのことで修復しました。
 と、目視ではOKでしたが右側出力が隣のアースに触っていました。
 テスタチェックが甘かった。大過なくて良かったです。

・ゲインが低いと思い込み、オペアンプの利得を3倍に上げた。
 後で、USB DACの場合はPC側VolをMaxにするものとあった。(別のWEBで)
 元に戻したがハンダ処理の見栄えがNG

とても満足のUSB DACでした。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード