30W+30W AB級ディスクリートパワーアンプのバランス化(製作)

昨年、この記事でバランス化を検討していたアンプを製作しました。
詳細内容は次回述べるとして、簡単に紹介します。

回路図は先の記事で示したLTSpiceと同じなので割愛します。

【ボード図】 片チャンネルの基板図です
AMP_Xw_BAL_6.jpg

少々詰め込み過ぎですが、多くの電流が流れるパターン部にはハンダを流しています。
赤の線はジャンパーです。

【基板のパターン】
AMP_Xw_BAL_1.jpg

左右に各チャンネル用の基板です。真ん中は定電圧回路基板です。±18V、4A容量です。

【電源パーツ】
AMP_Xw_BAL_2.jpg

配線前、電源用ケース内に電源パーツを並べたところです。
左から、トロイダルトランス(160VA,入力115VAC,出力15VAC×2回路)、両波整流回路と平滑コンデンサ。
そして右が定電流回路基板です。

【アンプ部分】
AMP_Xw_BAL_3.jpg

中央左右にアンプ基板があります。その基板から左右にパワートランジスタ2N3055,MJ2955があります。
後方にはポップノイズ対策のスピーカー出力遅延リレーがあります。

AMP_Xw_BAL_4.jpg

--------

本来は歪率とパワー特性を記載するのですが、バランス型アンプ故に計測できませんでした(変換アンプ不調です)

無理やりながら、やっとのことでアンバランス型計測器を接続して最大出力だけは計測しました。
最大出力は8Ωで28Wでした。 まずまずの結果です。

でも28W出すと熱的には今のヒートシンクでは持ちません。テスト信号ではなく楽曲入力ならば、熱は1/8程度に下がる筈なのですが・・・ それほどの音響パワーが出せる環境にありません。 5W8Ωの出力ダミー抵抗からも煙が出始めました。


AMP_Xw_BAL_5.jpg

電源とアンプ筐体を重ねたものです。

思っていたよりも丸い音が出ます。
終段のTrの音色なのでしょうかね。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード