バッテリー式バランス型DC miniパワーアンプの製作(2作目)

この5月にも製作しましたが、バッテリードライブ式バランス型DC mini パワーアンプの再製作です。

【外観】
前作と組み合わせ、2Wayスピーカーシステムを作るとのことで、2kHzのLPF-HPFアンプとセットで作ります。

AMP_kane_DC_BAL2_2.jpg

上に載っているのがフィルターアンプ、下がバランス型DCパワーアンプです。

【フィルターアンプ】
AMP_kane_DC_BAL2_3.jpg

バランス型入・出力の2kHz LPF-HPF フィルターアンプです。

XLR5ピンオス端子から入力し、LPF,HPF毎にXLR5ピンメス端子から出力します。
Hot,Cold 毎に LPFとHPFがありますので、片チャンネルで4回路あります。(回路図は後日掲載)

低消費電流なので、電源は単三乾電池またはエネループで±4本(±4.8V~±6V)をXLR3ピンオスコネクタから給電します。

【バランス型DCアンプ内部】
AMP_kane_DC_BAL2_5.jpg

【回路図】
AMP_kane_DC_BAL_5.jpg

前作と同じ回路ですが、基板下側に配置していたジャンパー線を廃止し、2層基板パターンで作りました。よって上側の銅箔が見えています。

基本は金田式アンプなのですが、初段差動増幅の定電流回路は、オリジナルのFET+調整抵抗に対し、カレントミラー式の定電流回路にしました。ピーキーなアイドル電流調整から解放されます。(アイドル電流は50mA程度にしてあります)

初段FET差動増幅は2SK246を2SK170BLに替えてます。ドライバ段の2SC1815は2SC2240(オリジナル)になってます。

【アンプ背面】
AMP_kane_DC_BAL2_7.jpg

バランス型入力専用としたので、アンバランス入力のRCAコネクタやアンバランスとバランスを切り替えるスイッチを廃止しています。その分、横サイズが縮小できるので、アンプケースをタカチ・YM-400からYM-300にサイズダウンできました。

金田式は内部回路故障時に電流を遮断する保護回路が入ってますが、このアンプではヒューズを使っています。

【バッテリー】
AMP_kane_DC_BAL2_8.jpg

SONYのビデオカメラ用互換Li-ion電池(7.2V,6600mAh)を2個使います。予備が2セット、計3セット並んでます。
この電池端子は2.6mm程度の穴のある金具が付いているので、2.6mm真鍮ネジの先端2mm程度をペンチで少しつぶし、端子穴に差し込んでいます。
端子に線をハンダ付けするのは差し込む前に行っておきます。差し込んでからではハンダの熱で電池ケースが解けてしまいます。

【充電器】
AMP_kane_DC_BAL2_4.jpg

12VDCのACアダプタ2個使います。5W・5Ω抵抗を直列に使いバッテリに給電します。≒8V程度の電圧にドロップします。
この負荷抵抗の両端電圧をLED負荷抵抗を経由しLEDに接続します。
充電はLi-ion電池内部の保護回路によって自動的に切れます。

負荷抵抗の熱がかなりのものなので12VDCの小型ファンで冷却してます。

【アンプの歪率とパワー】
AMP_kane_DC_BAL2_1.jpg
前作のアンプと比較しています。
赤い線の本作が若干ですが良いです。8.2Ω負荷で≒5Vrms出力ですので、約3Wの出力です。


結構ハードな製作でした。

きっと嫁入り先で頑張って音楽を奏でているものと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード