オペアンプとTrを替えた携帯型HPA(LT1112+2SA999/2SC2320)

前作ではLT1112オペアンプをLMP7732に、終段トランジスタを2SA1428/2SC3668に替えた。
オペアンプがLT1112のままだとボリュームを大きく上げた時に非常にノイジーな音になるので、
通常の音量でもバランスが悪そうだ。

しかしLT1112を使うと非常に小電流で駆動でき、高音系がきれいなので好きなオペアンプである。

「KANさんの自作ヘッドフォンアンプ」(現在ブログ閉鎖中)で2SA999/2SC2320トランジスタが
好成績で紹介されていたのを思い出し使ってみようと思った。

でもこのトランジスタが生産中止ということでなかなか売っていないのです。
2SA999は若松店頭で、2SC2320はイーエレから通販で購入しました。

ばらばらで買ったせいか足の形が違います。
また、EランクとFランクなので、hFEもかなり違い2SC2320が大きいです。
HAMP_A999_1

これしかないので、とりあえず組んでみました。
ブレッドボードでは左右の利得に違いがないようなので本組みしました。
HAMP_A999_2
2SA999/2SC2320は後段にも以前使っていた2SA1015/2SC1815に比べると一回り大きいです。

パワーが大きいので大音量にしても腰砕けの音にならずしっかり鳴ってくれます。

なんといっても、省電力で動作します。無音状態で7.5mA、大音量でも10mA程度!
LT1112のやや繊細な音と、このトランジスタのしっかりした音色のマッチングが良い。

LMP7732+2SA1428/2SC3668のとても丸い音にシャープさを加えた、と表現すべきかな?

今回、LEDを高輝度タイプに替えてみた。
例によって1.5mA程度しか電流を流してないが、非常に良く光る。これも良いかな。
HAMP_A999_4


2SA999/2SC2320を探している過程で、2SB647/2SD667のペアを見つけた。
HAMP_A999_5

この音はどうなのだろうか?
丈があるので高さが電池ケース目一杯かもしれないが入らないことはないだろう。

HPAトランジスタ遍歴はまだまだ続きそうだ・・・・・・・


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード