統合アンプ#2の製作(NOS DAC仕様)

USB DAC、CM102-A+ のデジタル出力音の良さに惚れ込み、NOS DAC、CS8414+TDA1543 に組み合わせて使っている。

今回はこの2つを内蔵した統合アンプを作った。 身内へのクリスマスプレゼント(に間に合わず)
MAIN_AMP_2_6  MAIN_AMP_2_1
外観は1台目と変わりません。           左下が本命のNOS DAC
                               右下がUSB DAC(デジタル出力専用)
                               上側はSPアンプ(TDA1552Q)とヘッドフォンアンプ
                                                 (LME49720×2)

【NOS DAC】 今回のアンプ構成で、最も「音の繊細な解像度」に寄与している部分である
MAIN_AMP_2_2
前作と異なるのが、 ・電源3端子レギュレータ3→2個(基板容量的にオーバーだった。電源構成から2個で十二分)
              ・IV抵抗がRMGからDARE(入手性)
              ・アナログ部カップリングCONが、MKS2+MTFFからMTFF×2(2.2u+2.2u) (搭載性)

【USB DAC】 CM102-A+という安価なUSB DACながら、デジタル出力は優秀らしい
MAIN_AMP_2_3
前作ではデジタル出力のレベルが低かった。 デジタル出力用トランス(トロイダルコイル)をサイズアップ(確か500uH)

【スピーカーアンプ】                  【ヘッドフォンアンプ】
MAIN_AMP_2_5  MAIN_AMP_2_4
TDA1552Qを使ったスピーカーアンプには変更無し? あ、いや、入力カップリングCON(UTSJ)を2.2uにアップ
右側に見えるのは、ヘッドフォンアンプ用の電源。LME49720オペアンプを使っているのでマイナス電源が欲しい。
5Vの3端子レギュレータ(4805S)からマイナス電源レギュレータ(MAX660)で-5Vを作っている。
それをπ型ノイズフィルターに通している。

更に右に見える黒い四角のものは、メインアンプとヘッドフォンアンプの電源と入力を切り替えるリレーである。
なんせ、省エネアンプなのでネ(スピーカーアンプ選択のときはリレーはOFFになってます)

で・・・ 肝心要の音の評価である。

私の大好きな、Diana KrallWhitney Houston渡辺 貞夫中島 美嘉、そして、秋元順子を聴いた。

期待した通りの、解像度の非常に高い音質である。

左右のヘッドフォンからの楽器の定位も秀逸である。

スピーカーからの音が、少し低域が強いのはカップリングコンデンサを0.47uFから2.2uFにしたせいかもネ。


楽音に対する人の評価は様々なので、聴いた人の評価を待ちましょう。



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あいかわらず、
綺麗な中身ですねぇ(^-^)


販売したら、売れますよ~。
それをプレゼントしちゃうんだから、
太っ腹です(笑)

ありがとう

>わごむいぬ。さんへ

いつも見ていただきありがとう。

少々ネタ切れです(笑)

お!

ふむふむ・・・。
中身は、こうなってるんだー。
さっぱり わからないけど、すごいなぁ。v-405
 
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード