【番外編2】PICマイコンの基板製作

最近、オーディオジャンルから少し外れて「電子工作」領域で『遊んで』いる。
(いや『遊んで』は成果を出し得ない現状の悔悟であるよ)

私の仕事から、「ハイエンドPIC」を使う必要が生じたが、
これらのマイコンは、『ピンのピッチが0.5mm!!!』なのである。

64ピンや100ピンとなれば変換基板を使った場合のサイズは「お化け基板」となる。
dsPIC1

到底、10mmや14mm□の小さいマイコンの「省スペース性」の恩恵を受け得ない。

そこで、『自作基板を(自力で)作ることにした』

・・・・・
・・・・・

色々大変だったが、これがその基板写真である。
dsPIC2
・中央左が、dsPIC33FJ256GP506(64pin)である。
 ピン足のピッチが0.5mm、ピンの足幅が0.18~0.20mm
・右側がAD5531(10bitD/A)、ピンのスペックはpicと同じである。

製作での肝心な部分
・設計は以外に簡単です。EAGLEを使いました。
・フォトエッチングのシートは「インクジェットプリンタ + 専用OHP用紙 + 写真用紙選択 +
 精細印刷 + 黒」で作ります。
・半田付け(これが最大の難関です)
 基板のパターンに予備半田付け:「基板に半田用フラックスを塗って」
                      「半田コテに極少量のハンダを付け」
                      「基板のパターンに流す」
 ICを付けるには、「位置あわせを厳密に行う」「セロハンテープで仮止め」
            「先端を細くした半田コテで」
            「余盛の基板上の半田でICを付ける(ハンダを流さないこと)」




コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひゃー(゜口゜)
こりゃ大変だ!細かすぎる!
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード