スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリアンプ付き TDA1552Qステレオアンプ(ケース装着)

サイズの大きいケースを仕入れた。
いつものタカチ・YM型に比較し高級感がある。

AMP_RIAA_12
基板に直接ボリュームを付けたのでかなり下に配置されてしまった。次回は要考慮である。

AMP_RIAA_10
これでもまだかなり余裕がある(いつもギリギリのケースサイズなので・・・ 丁度良いのかな)

AMP_RIAA_11
このケースの左右がプラスチックなので、アンプの放熱は後面になった。いつもはケースに放熱していたが
今回はそれが使えない。 結局はヒートシンクを挿入し、後面にも押し付けた。少しでも放熱に寄与しそうだ。

AMP_RIAA_13 上面の換気口
AMP_RIAA_14 下面の換気口
ケース内部に放熱されるのを防ぐため、ヒートシンク・フィン間のケース上下に換気口を開けた。

このTDA1552Qアンプは、パソコンディスク上のBGMに使う時の電力量は多くても2~3Wである。
然るに余り熱的な問題は無さそうだが、用心には越したことが無い。

裸基板の状態で24時間程度のエージングをやってあるのでかなり良い音になっている。
いつもながらであるが、このTDA1552Qアンプの音はGOODだよ

休日にでもレコードプレーヤーを繋いで、昔のレコードをしっかり聞いて見ましょうかね。

RIAA(PHONO)イコライザー付きのアンプ製作でした。


テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おお(°▽°)かっこいい。確かにそのケースは高級感ありますね。
僕のACアダプターも熱がひどくて。
今度、放熱の穴をあけようかな(^^)

今、EAGLEを勉強中です(^^;
難しいです。

No title

>わごむいぬ。さん

EAGLEは関連操作が良く判らないところが多いので難しいです。

私は後閑哲也さんの書、「EAGLEによるプリント基板製作の素」で勉強しました。
この本、かなり良いですよ。

図書館にあったので、
実はもう予約してあります(^_-)
勉強してみます。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。