2.1chへアンプ改造&ウーファー製作

まあまあの満足で正月は過ぎようとしてました

ところがここでまた虫が疼きました。
年賀はがき用インクを買いに行った時に聞いた、2.1chウーファーの音です。

暇に任せてWEB情報を辿ると、3Dフィルターなるものがあります。
おっ、これは良いではないか。
あの安価なアンプと組み合わせれば2.1chアンプはなんとかなるかいな!

でも、問題なのはスピーカー・・・
またまたお世話になったMasaaki Takenaka様のHPを・・・

あーー、ありましたヨ。まあまあ小型のサブウーファーが。
BusSP_HP.jpg
HPではHelix-Sub75と名づけています。12センチの海外製スピーカーを使っています。

でも、このスピーカー(RS125S-8)手に入れるのが難しそう。 輸入したと言ってるよ・・・
BusSP.jpg

でも探せばあるものです。

さて、物の手配は済んで早速製作だぞ。

・・・・
用意したもの
・3Dフィルター用
 NE5532オペアンプ&アダプタ
 フィルター用フィルムコンデンサ(LPF用はフィルムが良い?と言ってるらしい)
 カップリング用コンデンサ(このときは種類も判らず汎用品、*後継器はOS-CON)
 抵抗類(汎用カーボン、*後継器では酸化金属抵抗)

・センターアンプ用アンプ
 20W-M-SA07Dの入出力コネクタのハンダを外す

製作
・3Dフィルター
このHPも懇切丁寧なデータが付いている。十二分に利用させていただきました。
3Damp回路図 3Damp実体配線図 3Damp外観
<回路図>         <実体配置図>     <外観>
オペアンプの仕組みを調べると、NE5532の前段で増幅するので47kΩと47kΩで増幅倍率は1、
ゲインを上げるには270PF並列の47kΩを大きくする。私は90kΩを直列に入れて倍率を3倍に
上げています。

こう書くとスムーズに進んだかのように見えますが、とーーーんでもございませんヨ。
失敗の数々
NE5532アンプの逆挿し(壊れたと思ってまた買っちゃったよ)
ハンダ忘れと接着不良の数々
ダイオードの逆接続  etc etc・・・・

・センターウーファー
先に買ったMDFの36板が半分余っていたので、これで加工してもらう。
先のカッター幅寸法見込みミスに懲りて、こんどは板取図を作成。
BusBox板
余っていた830mm×920mmの板幅に収まりました。
(左右スピーカーのときは4mm足らなかったとここで判りました
2回目の加工なのに加工代は数百円! 何という親切なお店だろうか。
ちなみにこのお店はここです。

2回目のスピーカー製作は以外に早くできました。
SP12_Front.jpg

苦労したのはスパイラルホーンです。電気線材のサイズが合わず、赤い細線が見えます。
SP12_Top.jpg

さてさて、肝心の音はドーなのでしょうか!!

(続く)



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード