ぺるけ式ポータブルHPA(次なる課題)

ぺるけ式ポータブルHPAが、まだケースに入っていないのに、
私の机の上には、変な黒い小さなケースと一緒にぺるけ式ポータブルHPAが並んでいます。

HPA_pe_NEXT

いやいや、ご明察。
実は、私は右の黒いケースで「ぺるけ式HPA」の素晴らしい音を聴くことができないか、を考えている(た)のです。

今回のトライでは、「3V電圧で12VのHPAの駆動が可能か?」が課題でした。

でも、「ポータブルHPA」と言うには、左のケース(135mm×75mm)は如何にも大きすぎます。
「携帯もできるHPA」では、ちょっとインパクトがありませんから・・・


で、次のヤマ(省スペースと機能の両立)に到達するための技術的な課題は、

1.JACKとスイッチの小型化:策あり、ボリュームは今で限界(半固定抵抗にはしたくない)
2.定電流回路部の省スペース化:性能トレードオフにてCRDの採用を検討
3.FET作動回路は死守、このアンプはこれが命
4.ダイヤモンドバッファ回路の見直し:これも性能とスペースのトレードオフ
                        音質維持でパワーを下げたらサイズは小さくできるのか?
                       (面積に出力段は寄与が少ないから効果無さそうだが)
5.コンデンサの耐圧・容量(=サイズ)の見直し :耐圧・容量に制限を付けて、どこまで現性能を維持できるか


いや、いや。課題満載です。

とりあえず、定電流回路から勉強始めました。



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん(゜゜)なるほど。
クラシックなタイプのipodぐらいが
理想の大きさかもしれませんね。

僕は携帯型真空管ヘッドホンアンプがあったらいいのに、
とか思っています(^^)
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード