格安センサーのギターアンプ

古くからの友人がギターを弾く。
芸術に縁の無い小生はしばし感心してみるばかりなり。

その彼が録音機器を購入し、ギター演奏を録音しようとしている。

エレキギターにはセンサーが付いているが
彼のギターはクラシックギターなのでセンサーを付けたり、専用アンプが必要となる。
これらの機材価格はピンきりであるが、ピンでも意外に高い。

これを聞いた小生は、彼に承諾も得ずに勝手にセンサーとアンプを作ってしまった。
ギターも持ってないのに・・・

【作ったセンサーとその素材】
 左:圧電ブザー 100円、 右:エレクトリックコンデンサマイクロフォン 50円
 WEB情報によれば、圧電センサーは感度が良くハウリングもしずらいそうだ。
 ただ、ギターのボディー共鳴振動を捕らえるだけなので、弦が空気中に発する音はマイクが良いそうだ。
 この両方をミキシングできるようにしたのがこのアンプである。
GAMP_1

【アンプ外観】
 珍しく転写シールが貼られてます
 光っているLEDは、何と0.5mAでこんなに光ります(後述)
 圧電ブザー(VIB)2系統、マイク1系統の3入力をミキシングします
 (トーン調整回路はこのアンプの結果を待ってからにしました。もしかしたら全然ダメかもしれないので・・・)
GAMP_5

【内部1】
 9V積層乾電池で動作します。消費電流2.5mAです。アルカリ電池ならば300時間ほどもつ計算だ。
 電源スイッチ下の10kΩ抵抗でLED(スタンレーKR3302X,赤,300mcd)で0.5mA流してます。このLEDは明るい
GAMP_2

【内部2】
 オペアンプ1個で、前段~10倍可変、後段20倍のゲインとした(幾らが良いのか良く判らない)
 9V単電源としたのでオフセットとカップリングコンデンサが入っている。
 エレクトリックコンデンサマイクロフォンへの給電は2Vに抵抗分圧している
 手持ちの抵抗を使ったので一部はカーボンだ。
GAMP_3

【内部3】
 可変抵抗器はオペアンプ1段目の可変ゲイン用100kΩ(50kの代用)
 ON-OFFスイッチのOFFは入力をGNDに落としている。これが簡単な回路だ。
GAMP_4

明日、試してもらおうかな?

でも少しノイズが入るのが気になります。



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおお!?(゜口゜)
すごいですね!いつのまに。

お友達も喜びますよ(^^)
回路を公開したら、真似する人が増えるんじゃないですか。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード