トランジスタ差動式低電圧HPA (改めての試聴)

とても長い時間、あくせくしてこのHPA開発に注力してきたので、ゆっくりと試聴してなかったようだ。

基板の手配やら、皆さんに体験頂く領布の手続きやらが一段落してホッとしている「今」である。

この時間を使って、我が崇拝する「ぺるけ式HPA」と対比した試聴をしている。

【ぺるけ式HPA】以前作った統合アンプの中に入っている
MainAmp_5

【トランジスタ差動式HPA】これ
I_HPA_h2_13

今日はこれらのHPAが不得意な領域で比較をしてみたいナ、と思って「中島 美嘉」を・・・

何が不得意かって?  「アンニュイな表現」、このアンプは不得意です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、両者共に勝てませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何が原因かって?   性格の不一致かなあ。

--------------------------------------------------------------------

でも、イントロのギターなんかは両者共に大得意で奏じているのに。

--------------------------------------------------------------------

だんだん聴いているうちに判ってきましたよ。
彼女の声質の表現が難しいのですね。

--------------------------------------------------------------------

そういうことに気付いて聴いてみると、
ハスキーな声に合った私のHPAが僅差で良いかなあ・・・・

--------------------------------------------------------------------

でも、静かに囁くような楽曲はぺるけHPAが良いかなあ・・・

--------------------------------------------------------------------


ということで「引き分け」でした。 めでたしめでたし。    ハイ




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

電子ボリューム

電子ボリュームを使うと、ボリュームのアップダウンが
接点のショートだけでできるのでしょうか?

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04212/

音に影響があるのかな?

Twitterで秋月さんがつぶやいていたので興味を持ちました。

No title

>花工房さん

接点ではダメで、エンコーダーなどでビット信号を入れる必要がありますね。

電子的に入出力を切り離せるので、データシートにあるように電源ON-OFF時の
ポップ音対策に有効ですね。

高級なシステムに使うような感じがします。
プロフィール

haiga

Author:haiga
私のブログへようこそ!
電気オンチが始めた自作オーディオです
2010/3/17 電子工作をプラスしました。

自作オーディオの楽しみ共有のため、私が作ったパーツ提供をしてます。質問や要望を遠慮なくコメント欄に書き込んでください。

FC2カウンター
その日1回目にアクセスいただいた方の総カウントです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード